PostCoffee(ポストコーヒー)はまずい?口コミ・お試しレビューで徹底調査!

コーヒー豆
※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ポストコーヒーのサブスクが気になるけど、まずいっていう噂が気になる…

ポストコーヒーを実際に頼んだことがある人はどのように感じているんだろう?

コーヒー豆のサブスクといえばまず名前が出てくるほど有名な「ポストコーヒー」。

しかし、検索してみると「ポストコーヒー まずい」と出てくるため、不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ポストコーヒーの「まずい」という口コミを徹底的に調査し、そのように言われる理由を解説しています。

また、現役焙煎士である筆者が実際にポストコーヒーをお試し注文し、実際に飲んだ感想もご紹介。

さらに、どうすれば「まずい」と感じるコーヒー豆に当たりにくくなるについても解説していますので、ポストコーヒーが気になっているという方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PostCoffee(ポストコーヒー)はまずいの?味に関するイマイチな評判・口コミを調査

ポストコーヒーの口コミを調査してみたところ「まずい」と言われるのには、3つの理由があることがわかりました。

ここからは、ポストコーヒーが「まずい」という口コミを、理由別に分けてご紹介します。

まずい口コミ①:口に合わないものが届いた

イマイチな口コミの中で、1番多かったのが「口に合わないものが届いた」「好みじゃなかった」といったものです。

ポストコーヒーのサブスクは、コーヒー診断をした後はお任せでいろいろな種類が届くことから、好みではないものが入っている可能性もあるようです。

皆さん直接的に「まずい」と書いているわけではありませんが、そのような可能性があることは知っておく必要がありそうです。

まずい口コミ②:酸味が強い

こちらも上記と同じく口に合わないといった感じですが「酸味が強かった」といった声もありました。

これは酸味が苦手な方からするとたまらないですよね…

この方もおそらくコーヒー診断はされていると思いますが、このように酸味が強いと感じるものが届く可能性もあるようです。

まずい口コミ③:焙煎日が古いのが気になる

こちらは直接味のことを言っているわけではありませんが「焙煎日が古いのが気になる」という声がちらほら見当たりました。

ポストコーヒーのサイト内では「焙煎したての香り高い、最高品質のコーヒー豆」を謳っているため、1ヶ月弱も前の焙煎日だと残念な気持ちになりますよね…

必ずしも「新鮮=美味しい」ではないかもしれませんが、サイト内に書かれると新鮮なものを期待しちゃいますよね。

PostCoffee(ポストコーヒー)味に関する良い評判・口コミもチェック

まずい口コミがある一方で「美味しい」といった口コミも多数ありました。

ここでは、ポストコーヒーの味に関する良い評判・口コミをご紹介します。

良い口コミの中でも「フルーティさ」に言及するものが全体的に多かった印象を受けました。

皆さんそれぞれ柑橘系などの果実味のほか、チョコっぽさなどを楽しんでいるようです。

今回調査したところ、まずいという口コミも確かにありましたが、美味しいという口コミの方が多かったかなと思います。

結局のところ「好みに合うか・合わないか」が1番のポイントになってくるのかなと感じました。

ポストコーヒーのサブスク・定期便はこちらから

PostCoffee(ポストコーヒー)はまずい?現役焙煎士がお試しレビュー

ポストコーヒーセット

それではここからは、現役焙煎士である筆者が実際にポストコーヒーをお試し注文し、飲んだ感想をレビューしていきたいと思います。

味がどうなのかはもちろん、ほかの方の口コミが本当なのかといった視点からもご覧ください。

焙煎日から意外と時間が経っていてビックリ

まずポストコーヒーを開封して驚いたのが、焙煎日が決して新しいとはいえなかったことです。

7月23日に注文し、7月26日に届いた商品の中で、1番焙煎日が古いものが7月13日でした。(新しいものは7月20日)

グアテマラ パカヤリト

「焙煎したて」の基準は人それぞれなので何とも言えませんですが、やはり焼き立てのコーヒー豆を期待しちゃうので「どないやねん…」と少し残念な気持ちになっちゃいますよね。

とはいえ「古い=まずい」ではないので、気持ちを入れ替えて飲んでみましょう。

コーヒーはどれも香りがよくて味も美味しい

早速付属されていたテトラドリッパーで「グアテマラ パカヤリト」を抽出してみました。

深煎りのコーヒー豆だったのですが、苦味の中に甘さが感じられるいい感じの味。個人的に甘みを感じるコーヒーが好きなので、ドンピシャでした。

ほかの2種類も飲んでみましたが、どれも雑味がなく、しっかりコーヒー豆の個性が活きた美味しいコーヒーだなと感じました。

始めに焙煎日が気になったものの、味・香りについてはまったく問題ないレベルどころか「美味しい」と思えるレベルでビックリしたというのが正直な感想です。

コーヒー診断の精度もぼちぼち

コーヒー診断

ポストコーヒーの1番の特徴とも言える「コーヒー診断」ですが、今回私が行った結果についてはぼちぼち良かったのかなと思います。

先ほどご紹介した「グアテマラ パカヤリト」はドンピシャでしたし、ほかの2種類も普通に美味しいと感じるコーヒーでした。

おそらく、続けて注文していけば「もっと好みのコーヒーが見つかるかもな」という期待が持てる結果となりました。

PostCoffee(ポストコーヒー)の「まずい」を避ける方法

今回実際に試してみて「こうすれば自分に合うものが当たりやすいかな」といった方法がいくつか見つかりました。

本章では、PostCoffee(ポストコーヒー)の「まずい」を避ける方法を2つご紹介します。

焙煎度を調節する

ポストコーヒーのコーヒー診断は1回実施したらそのまま注文しなければならないというわけではなく、自分でも調節可能です。

コーヒー診断の結果が出た画面で「焙煎度を調節する」を押します。

矢印の部分を自分の好みの方に動かすと…

焙煎度を変更できます!

自分の好みがある程度わかっている場合は、上記の方法で調節することで「まずい」を避けられる可能性が高まります。

コーヒー診断をやり直す

ポストコーヒーのコーヒー診断は1度実施したら確定というわけではなく、再診断も可能です。

コーヒー診断が終わった後に少しスクロールすると「コーヒー診断をやり直す」というボタンがあるので、そこをタップすればOK。

「診断の結果がちょっと違う気がするんだよな…」と思ったときは、気軽にやり直してみましょう。

サブスクではなく自分で商品を選ぶのもアリ

ポストコーヒーはサブスクだけでなく、1回のみの単品販売も行っています。

商品を選べないサブスクではなく、選べる単品販売で購入することで「まずい」を回避しやすくなるでしょう。

ポストコーヒーの単品販売はこちらから

PostCoffee(ポストコーヒー)に関するよくある質問

最後に、ポストコーヒーに関するよくある質問に答えていきます。

ポストコーヒーに関する疑問を少なくしたうえで、購入に進めるようにしましょう。

ポストコーヒーが解約できないというのは本当ですか?

ポストコーヒーと検索すると「ポストコーヒー 解約できない」といったワードが出ることがありますが、問題なく解約できます。

サブスクを注文した場合でも回数縛りはなく、1回だけの注文でもすぐに解約可能なため、安心して購入できるでしょう。

ポストコーヒーの料金はいくらですか?

ポストコーヒーのサブスクの料金は、1,980円〜(送料込み・ドリッパー付き)です。

1杯あたり120円〜130円ほどなため、コンビニでコーヒーを買うのと変わらないくらいの値段といえるでしょう。

コーヒー豆としては少し高額な部類に入るかもしれませんが、品質を考えれば納得できる金額だと個人的には思います。

ポストコーヒーの発送方法は?

ポストコーヒーの発送方法は、ヤマト運輸のネコポスor宅急便です。

今回私が頼んだ15杯分のセットは、ネコポスで届きました。

ポスト投函でしたので、受け取りが非常に楽でしたよ。

ポストコーヒーに無料キャンペーンはありますか?

ポストコーヒーを無料でお試しできるキャンペーンはありません

過去には初回無料のキャンペーンを行っていたという情報もありますが、残念ながら今は存在しないようです。

ただ、お友達紹介コードを使うことで初回500円引きで購入することは可能です。

私のお友達紹介コードを置いておきますので、よろしければご活用ください。

お友達紹介コード:coffee-eg94qm

まとめ

ポストコーヒーが「まずい」という声を調査したところ、多くの場合は「口に合わないものが届いた」ことが理由になっていることがわかりました。

実査に頼んで飲んでみたところ、普通に以上に美味しい高品質なコーヒー豆が届いたので、やはり好みの部分が1番大きいのではないかと思います。

そのため、ポストコーヒーを頼む際は、コーヒー診断にお任せするのもありですが、明らかに好みと違う結果が出た場合は「焙煎度を調節する」「コーヒー診断をやり直す」といった方法で修正するのが良いのではないかと思います。

ポストコーヒーで美味しいコーヒー豆を手に入れて、よりコーヒーライフを楽しんでくださいね。

ポストコーヒーのサブスク・定期便はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました